ノゾキアナ 11巻あらすじ【ネタバレ】

ノゾキアナ 11巻あらすじ【ネタバレ】

 

えみるの秘密を知ってしまった龍彦はえみるの事がさらに気になる事になります。そんなある日部屋にある「のぞき穴」が塞がれている事に気づきます。どうやらえみるは隣の部屋から消えてしまったようなのです。

 

龍彦はえみるのレズ友達の「寺門 巻子(てらかど まきこ)」の助力で、えみるの部屋に入る事に成功します。そしてえみるから龍彦に残された置き手紙を発見します。

 

えみるの手紙を読んで、龍彦は改めていみるへの自分の気持を知る事になります。

 

部屋にあるキャバクラの名刺を手がかりに、キャバクラで務める「小泉サキ」を探し出す龍彦。えみるの事を知る為なら何でもすると誓った龍彦は「小泉サキ」とエッチな事をしてえみるの秘密を聞き出そうとします。

 

 

★12巻のあらすじはコチラ

 

★各巻のあらすじはコチラ

 

★登場人物紹介

 

 


 
「ノゾキアナ」あらすじ 登場人物紹介